ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

『和華』とはどんな雑誌? 日中交流をより身近なものへ…私たちの願いは、実はこんなにシンプルです。

 日中文化交流誌 『和華」は、2013 年10 月に、一人の留学生のアルバイト代により創刊されたものです。

 現在、メンバーは全員日中友好を願うボランティアで、 みんな勉学あるいは仕事の傍らに、夜や週末の隙間を縫って、『和華』の編集・刊行に取り込んでいます。

 『和華』の「和」は、「大和」の「和」で、「華」は、「中華」の「華」です。 また、「和」は「平和」の「和」でもあり、「華」は、美しい「華」です。『和華』の名前は、日中間の「和」の「華」を咲かせるという意味が含まれています。 名の通りに、『和華』は、どちらにも偏らず、日中両国を比較することによって、 両国文化発信、相互理解と友好交流を目指します。

 今後、一般の読者のみならず、 日中両国の大学および各種の日中交流団体・機関・企業も視野に入れながら、 刊行していきたいと考えています。『和華』は、両国の文化衝突を即座に解消させるような解決策は提示することができないかもしれませんが、『 和華』の情報発信によってそれにどのように向き合い、対処し、そして乗り越えていけばよいか、 そのための知恵やヒントを提示することができれば幸いです。

RSS ATOM

第二回交流会 国境・時代を越える「三国志」(2014/6/28)【たくさんのご参加ありがとうございました!】

2,000円(内税)

販売価格

2,000円(内税)



日中が共有するコード「三国志」を語り合うことで、両国の文化友好交流を深めよう!

時代・国境を越える「三国志」

【プログラム】

第一部 来賓紹介と編集長挨拶

第二部 基調講演

現代に生きる「三国志」  安崎 暁(小松製作所元CEO 安崎暁グローバル企業発展研究会会長)

第三部 パネル討議

パネリスト

★安崎暁(小松製作所元CEO 藍綬褒章・旭日重光章受章者)

★加藤徹(明治大学教授)

★上永哲矢(歴史コラムリスト)

★司会:満田剛(中国・三国時代の史学研究者 人文学博士)

第四部 『和華』からご報告

第五部 自由交流

※参加料のお振込みは、イベント開催日の1週間前までにお願いします。お振込み後のキャンセルについては、お客さまご指定の口座へ手数料差し引きの上のご返金で対応させていただきます。ご了承ください。