ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

『和華』とはどんな雑誌? 日中交流をより身近なものへ…私たちの願いは、実はこんなにシンプルです。

 日中文化交流誌 『和華」は、2013 年10 月に、一人の留学生のアルバイト代により創刊されたものです。

 現在、メンバーは全員日中友好を願うボランティアで、 みんな勉学あるいは仕事の傍らに、夜や週末の隙間を縫って、『和華』の編集・刊行に取り込んでいます。

 『和華』の「和」は、「大和」の「和」で、「華」は、「中華」の「華」です。 また、「和」は「平和」の「和」でもあり、「華」は、美しい「華」です。『和華』の名前は、日中間の「和」の「華」を咲かせるという意味が含まれています。 名の通りに、『和華』は、どちらにも偏らず、日中両国を比較することによって、 両国文化発信、相互理解と友好交流を目指します。

 今後、一般の読者のみならず、 日中両国の大学および各種の日中交流団体・機関・企業も視野に入れながら、 刊行していきたいと考えています。『和華』は、両国の文化衝突を即座に解消させるような解決策は提示することができないかもしれませんが、『 和華』の情報発信によってそれにどのように向き合い、対処し、そして乗り越えていけばよいか、 そのための知恵やヒントを提示することができれば幸いです。

RSS ATOM

【講演会】通貨にみる日本と中国の文化

1,000円(内税)

販売価格

1,000円(内税)

購入数


【趣旨】桜の便りが次々に聞かれるこの折、

皆様におかれましてはお変わりございませんか。

日本、韓国、中国の3カ国外相がソウルで行った会談では、

3カ国首脳会談の早期開催に向け努力していくことで一致したことで、

冷え込んだ日中関係もようやく改善の兆しが見えようになりました。

この度は日中文化交流誌「和華」は下記の通り企画いたしましたので、

ご都合の良い方はぜひお越しいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

【テーマ】通貨にみる日本と中国の文化

【講師】冨田 昌宏(元重慶総領事)

【プロフィール】

1947年10月生まれ。

1970年神戸市外国語大学中国学科卒、外務省入省。

外務省本省において、アジア局中国課、国際情報局分析二課での勤務を歴任。

北京・広州・大連・マレイシア・ペナン・米国ニューオーリンズでの勤務を歴任。

2004年〜09年、在重慶総領事。

2009年〜11年、外務省外交史料館長。

2011年3月退官。

中国関係著書に『お金が語る現代中国の歴史』(三省堂、1997.7)

『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』(日本僑報社、2014.5)等

【主催】日中文化交流誌『和華』

【後援】株式会社アジア太平洋観光社

【日時】4月18日(土)

14:00―15:30講演+質疑

15:30―自由交流

【人数】35名限定

【参加費】1000円(材料代&お茶代)

(『和華』読者:500円)

【会場】

〒104-0061東京都中央区銀座6-12-15いちご銀座612ビル6階

株式会社アジア太平洋観光社

【交通】

銀座駅A3出口から徒歩5分

東銀座駅から徒歩5分